発達障害の育児にはほんのちょっとの工夫が必要

発達障害の子育てには
ほんの少しの工夫があれば
お子さんの力がグンと伸びます。
 
 
ただし、伸びの良さを
実感できるのは
幼児期がメインです。
 
 
 
お子さんが小学生になった途端、
親はお子さんに教えづらくなりますし、
お子さん自身も
親から学びづらくなるのです。
 
 
 
 
今日は、
 
 
 
「お客様の声」を
 
 
 
ご紹介させていただきますね。
 
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
齊藤あこ 様(仮名)
お子様:年長組
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
鈴木先生のおうち療育で
一番驚いたのが
ほんのちょっとの工夫なのに
子どもができるようになることです。
 
 
 
自分で気づけそうで
気づけないような工夫ばかりで
私一人でこのまま過ぎていたら
こどもはずーっとできないままでした。
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
 
 
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
桜井としえ 様(仮名)
お子様:2歳
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
まだ単語でしか話せないうちの子。
幼稚園の先生も療育の先生も
 
「もっと言葉を掛けてあげてください」
 
というだけでした。
 
 
毎日毎日言葉を掛けて3ヶ月が経っても
改善されませんでした。
 
 
あづみ先生にダメ元で相談すると
 
「まずは○○○を■■■して
教えてきましょう」
 
というアドバイスが!!
 
 
 
実際におうち療育に
取り入れてみたら、
5日目くらいに
 
「おかし、ちょうだい」
 
と自分から言えるようになりました。
 
 
幼稚園の先生も療育の先生も
凄く驚いていました。
 
 
「お母さん、よくがんばりましたね!」
という言葉をかけてもらいました。
 
 
 
今では、主語を入れて
話せるようになってます。
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
 
 
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
牧田かなえ 様(仮名)
お子様:小学1年生
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
学校でのできごとを
沢山話したいようで、
あれこれと言葉に出して
言っていました。
 
 
でも、学校のことなので
私には何のことなのか
さっぱり分からず、
 
子どもとの
コミュニケーションの
取り方に悩んでいました。
 
 
そこで、
あづみ先生に相談をしました。
 
 
 
すると
「学校の先生に○○を
お願いしてみてください。
そうしたら家庭では■■すると良いですよ。」
 
 
というお返事が。
 
 
 
正直、
 
「そんなことだけで解決するの?」
 
と半信半疑でしたが、
見事に悩みが解決しました!
 
「目から鱗」でした!
 
 
学校のことをよくご存知な
あづみ先生のアドバイスだからこそ、
 
担任の先生に
うまく協力をお願いできたのだと
思っています。
 
 
 
===
 
お子さんの「できる」を
あなたも私と一緒に
引き出してみませんか?
 
 
 
まずは、体験レッスンを
お受けになることを
おすすめしますよ(^ ^)
 
 
なぜなら、体験レッスンだけでも
ママさんたちの悩みが
解決しているからです。
 
 
 
体験レッスンや
その他イベントのご案内は
メルマガやLINEで
お知らせしていますので、
是非、登録なさってくださいね。
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..