言葉の遅れへのアプローチの仕方

言葉が遅い、と感じるのは
お子さんが2歳をすぎた頃から
はっきりしてくると思います。
 
 
 
2歳頃の子どもは、
たくさんの言葉を口から発して
おしゃべりを楽しんでいるからです。
 
 
 
その楽しんでいることが
発達には欠かせないのですが、
発達に心配があると
言葉を発すること自体が
遅くなってしまうことがあります。
 
 
 
 
今日のレッスンは・・・
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
言葉が遅れている
お子さんへの手立て
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
 
です。
 
 
 
最近、
こういうご相談が
増えてきているので
 
みなさんにシェアできれば
お役に立てるだろうと
思いましたので
お伝えしますね。
 
 
 
 
まず、このことに対して
療育や保育園・幼稚園などの
幼児期の「先生」という方の
アドバイスをご紹介します。
 
 
全て「実話」です(;^ω^)
 
 
●読み聞かせをしましょう
●言葉がけを増やしましょう
●人と会う機会を増やしましょう
●愛情が不足しているので
もっと抱きしめてあげましょう
 
 
 
などなどです。
 
 
 
 
でも、これで成功したというお話を
私は聞いたことがないのです。
 
 
 
 
じゃあ、
私はどのような指導をしている
 
または
 
10分間おうち療育で
ママさんにご提案しているのか。
 
 
 
 
 
ここ、
知りたいですよね??
 
 
 
 
それじゃ、
教えちゃいますね!
 
 
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□
 
お子さんが
言葉を発する機会を作ること
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□
 
 
 
これです!!!!
 
 
 
意外と簡単ですし、
今すぐにできちゃいます♪
 
 
 
 
もちろん、
発達段階によって
 
たとえば「車」だったら
 
「ブー」
「ブーブ」
「くーま」
 
などという言い方が異なるので、
その辺りは
しっかりと考慮してくださいね!
 
 
 
 
 
「難しい~~~」
 
 
 
 
というあなたのために
もうちょっと詳しいことを
 
次回のブログで
お知らせしますね♪
 
 
 
 
 
 
今日も最後までお読みいただいて
ありがとうございました♪
 
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..