言葉を引き出しやすい場面とは?

言葉の遅れを心配するママさんは
まずは、身近な人に相談をすると思います。
 
 
ただ、相談相手によっては
 
「まだ大丈夫」
「心配ないよ」
「男の子だから遅いんだよ」
 
などという励ましのみで
終わってしまうことがあります。
 
 
 
幼稚園や保育園の先生に
相談をするもの一つの手段ですが、
深刻なまでに心配であれば
「発達相談」を受けてみるもの
良いでしょう。
 
 
 
 
 
 
昨日のブログの復習です。
 
 
昨日は
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
言葉が遅れている
お子さんへの手立て
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
 
ということについて、
 
 
 
”お子さんが
言葉を発する機会を作る”
 
 
ことをしましょうという
お話をさせていただきました。
 
 
 
一般的には・・・
「話しかけましょう」と
言われますが、
その逆をするわけです。
 
 
 
言葉を聞かせることも大事ですが、
言葉が出るのであれば
話す機会を作ることの方が
 
お子さんの言語能力を
増やせることは事実ですよ!
 
 
 
 
 
 
今日のレッスンは・・・
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
「お子さんが言葉を発する機会を作る」
具体的な方法
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
をお伝えします。
 
 
 
まぁ、昨日の続きですよね。
 
 
 
 
では、はじめますね(^_-)-☆
 
 
 
まずは、みなさんに
ご自身の行動について
振り返っていただきます。
 
 
 
 
###########
 
あなたの中で、
自分の思いを
どうしても相手に伝えたい
場面は、どのような場面ですか?
 
(命の安全性以外です)
 
###########
 
 
 
 
まず、
ここをちょっとだけでも
考えてから、
先に進んでくださいね!
 
 
 
 
 
 
 
 
どうですか?
考えつきましたか??
 
 
 
 
それでは、答えです。
 
 
自分の思いを
どうしても相手に伝えたい
場面はというと・・・・
 
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□
 
相手に要求やお願いをする時
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□
 
 
 
ですよね??
 
 
 
たとえば、
恋愛でいえば「告白」って
一体何のためにするのか。
 
 
 
「自分の恋心に気づいてほしい」
「付き合ってほしい」
「デートしてほしい」
 
 
などなど。
 
相手に求めることだらけですよね?
 
 
 
 
 
この
 
 
「相手へのお願い」の場面こそ
お子さんの言葉を引き出すのには
絶好のチャンスなのです!!
 
 
 
ここが一番教えやすいですし、
そもそも生活場面では
たくさんありますよね??
 
 
 
 
 
「あづみ先生、
もう少し知りたいんですが・・・」
 
 
 
これ以上は、
ここではお話できないので
 
どうせなら、
一緒に練習をしてみませんか?
 
 
 
その練習ができるのは
体験レッスンだけなのです。
 
 
体験レッスンでは
あなたのために
おうち療育を
オーダーメイドさせていただくので
あなたとお子さんにぴったりの
おうち療育が見つかりますよ。
 
 
 
毎回の募集はメルマガで
お知らせしていますので
是非メルマガもチェックしてくださいね。
 
 
 
今日も最後までお読みいただいて
ありがとうございました♪
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..