ファーストフードと通う療育

発達障害とファーストフードの
関係性を説く専門家もいますが、
今日のブログは医学的なお話ではありません。

 

どちらかというと、
あなたの生活に根付いたお話なので
是非読んでみてください。

 

今日のお話は・・・

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

ファーストフードと療育

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

ということでお話をしていきます。

「ファーストフード」というと
あなたはどんなイメージを持ちますか?

ハンバーガー、
フライドポテト、
ジュース、
コーヒー、
イートイン、
テイクアウト、

などなど。

カタカナの言葉が
いろいろ出てきますよね。

それでは、次は、
口にするものではなくて
利用することによって
得られる物事を考えてみましょう。

そうですね、
まずは良いことをピックアップしてみましょう。

あなたも考えてみてくださいね。

・・・・・・

・・・・

・・

はい!
では、一緒に見てきましょう。

・手軽

・安い

・満腹

・時短

・みんなが利用しているから大丈夫

・子どもが好き

・家事の手間が減る

・調理の手間を任せられる

などなど。

こちらもたくさん
出てくるだろうなと思います。

それでは次は、
ファーストフードの欠点を
挙げてみましょう。

・健康に良くない

・手軽さゆえに親が慣れてしまう
(家事の手間が省ける)
(子どもが大好きだから選ぶ)

・安いから、と何度も利用してしまう

・子どもの習慣になる
(それを狙っているそうです)

・食べると毎回罪悪感にかられる

・罪悪感がいつの間にかなくなる

・美味しいとは思えない
(でも手軽さと安さで利用してしまう)

などなど。

こちらもいろいろ出てきますよね。

それでですね、
こうやって
ファーストフードのことを考えてみると

「通う療育に似ているな」

と気づいたんですよね〜〜。

つまり、、、

■□━━━━・・・・・‥‥‥……… 

通う療育をしていても
効果がないとわかっていながら
安いからついつい選んでしまう

‥‥‥………・・・・・ ━━━━■□

さらには・・・・・・

■□━━━━・・・・・‥‥‥……… 

みんなが利用しているから
たとえ効果がなくても大丈夫!

‥‥‥………・・・・・ ━━━━■□

という、何とも
根拠に乏しい理由から
通う療育だけに収まっている人も
いるのだろうなぁと思うのです。

ファーストフードや
通う療育をやめましょうと
言っているのではありませんから、
その点は安心してください♪

ただ、我が子の今と将来にとって
何を選ぶべきなのかを
私も含めて考え直すと良いなと
思っています。

今日も最後までお読みいただきまして
どうもありがとうございました💕

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..