おうち療育をしてよかったこと②

ペアレントメンター通信
2019.01.31.配信

 
 
みなさん、こんばんは。
 
ペアレントメンターチームです。
 
 
関東の平野部はからっからの毎日です。
 
 
加湿器が手放せません。
 
 
唇もカサカサ・ヒリヒリ
 
目もカサカサ
 
 
 
そろそろたっぷりと
雨が降って欲しいです。
 
 
 
 
=====
 
今日のお話は・・・
 
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おうち療育をしてよかったこと
______________
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
 
ということで、
前回は、メンターの
とびっこのお話をお届けしました。
 
 
今日はメンターネームJOJOの話です。
 
 
 
では、早速お話を始めますね。
 
 
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おうち療育をしてよかったこと①
〜メンター JOJO の場合〜
______________
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
 
 
療育の施設へ連れて行くにも
やっとの思いで
毎回の療育に参加していました。
 
 
「参加」と言っても
息子は多動すぎてなのか、
療育の集団にさえ入ることが
できなかったのです。
 
 
毎回の療育の目標は、
母である私が息子を集団の場に
参加させること。
(療育機関の職員ではなく、です💧)
 
 
 
「これってうちの子に合っているの?」
と毎回疑問に思いながら
真面目に通っていました。
 
 
===
 
 
おうち療育との出会いは
Facebookでした。
 
 
息子が小学1年生の時でした。
 
 
 
私の投稿をみたあづみ先生が
ちょっとずつアドバイスをしてくださり、
それがとても効果的だったので
 
いつの間にか「レッスンを受けてみたい」と
思うようになったんです
 
 
 
でも・・・・・・・。
 
 
 
実は私、おうち療育のレッスンを
申し出たのですが、
あづみ先生に断られてしまった
衝撃的な過去があります。
 
 
 
あの時は、正直、お先真っ暗でした。
 
 
 
 
あづみ先生がおっしゃるには
 
「小学生だとおうち療育の効果が
 幼児期ほど実感できないかもしれない」
 
ということだったんですが、
私としては
 
○●○●○━━━━━━━━━
 
現状をなんとかしたい”
 
━━━━━━━━━○●○●○
 
という気持ちでいっぱいだったんです。
 
 
 
藁にもすがる思いだったのに、
まさか断られるとは・・・・。
 
 
 
それでも毎日、
あづみ先生のメルマガを読んだり
情報という情報は
なんでも集めたりして
 
私の思いが伝わらない息子を
何とかならないかと
文字通り「奮闘」していました💧
 
 
 
今思えば
 
“情報コレクターになっていた”
“集めた情報の質が合っていなかった”
 
のだと思います。
 
 
 
 
再度、あづみ先生のレッスンに
申し込みをしたんです。
 
 
 
そうしたら・・・
また同じことを言われましたwww
 
「幼児のお子さんよりは
 効果的に感じることができないかもしれません」
 
ってwww
 
 
 
でも、
夫と二人であづみ先生のレッスンを受けて
おうち療育を育児に取り入れました。
 
 
 
すると・・・・
やっぱり効果的なんですよね。
 
 
子どもにとって分かりやすいし、
私自身も伝えやすくなったし、
何より子供がどう考えているのかを
予想しながら工夫ができるように
なったんです💕
 
 
 
今では、あづみ先生に相談する前に
自分であれこれ工夫することができています。
 
 
 
私自身が子どものために
できることがこんなにもあるって思うと
育児って楽しいし、
 
私の工夫で
家族も子どもも生活しやすくなったら
 
「よしっ!!私、頑張った!!」
 
って自分自身をほめられるようになりました。
 
 
 
 
 
私にとっておうち療育は・・・
 
 
○●○●○━━━━━━━━━
 
諦めかけていた子育ての幸せを
自分の手で“ギュッと”
つかみとることができるもの
 
━━━━━━━━━○●○●○
 
 
ということになります(^-^)
 
 
 
===
 
 
以上、JOJOのお話でした♪
 
 
 
 
今日はこの辺で
おしまいにしますね。
 
 
 
今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました♬
 
 
 
またいつかの夜に
お目にかかりましょう。
 
 
 


ご登録は上のバナーをクリック☝️