療育って効果があるの?

発達障害の疑いがあると、
療育に通うことを勧められます。

早期療育が有効であることは
誰もが認める事実ですが、
保護者の立場からすると
「すぐに療育」というのは
なかなか受け入れがたいものでしょう。

 

乳幼児健診で保健師に
発達相談を進めれられた場合、
私としては相談してみることを
オススメします。

 

療育を勧められたら

療育を勧められたら、
すぐに療育へ申し込みをしましょう。

 

まずは、身近な自治体の療育を
利用するというのが一般的だと思います。

なぜなら、
それ以外の情報を得るには
ママ自身がネット検索などをして
探す必要があるからです。

 

なぜ、すぐに療育に申し込みを
するのかというと、
療育は何ヶ月も「空き待ち」をする
必要があるからです。

それくらい、ニーズが高くなっています。

 

療育に通うメリット

公的機関の療育は、
幼稚園や保育園、小学校などの
集団生活に適応できるように

お子さんのスキルアップに
努めています。

 

そのため、
集団指導と個別指導の
両方の指導をお子さんの発達段階に
合わせて受けることができます。

 

民間の療育機関は、
それぞれの事業所の
特徴を生かした療育が
実施されています。

 

また、療育は
『児童発達支援事業』に
認定されていれば、
利用料の9割を国と地方自治体が
負担してくれるシステムがあります。

 

保護者であるあなたは
1割の負担で済みますし、
保護者の負担額にも上限があるので
家計への負担は大きいものではありません。

 

療育機関を利用することで、
保護者自身にもメリットがあります。

それは、発達障害関連の情報を
得やすいということです。

 

療育に通うデメリット

療育に通うことばかりを
進められてしまうため、

「療育に通っていれば安心」

という、
なんとも根拠の乏しい誤解を
し続けてしまう保護者の方も
いるようです。

 

そして、

「療育は専門機関でしかできない」

という誤った認識が
保護者の方の中に
自然に定着してしまっています。

 

正直なところ、
療育に通うだけでは
あなたの育児は大変になる一方です。

 

みなさん

「家庭で何ができるのか」

という悩みを
抱えていらっしゃいます。

 

療育だけではダメ!

私は、療育に通うことを
やめなさいと言っているのはありません。

療育だけでは足りないと
あなたにお伝えしたいのです。

 

なぜなら、
世の中では「療育」と
言ってたとしても、

あなたにとっては

「我が子の育児」

だからなのです。

 

療育は専門機関ではないと
できない訳ではありません。

 

そして、
療育に通ったからといって
あなたが発達障害の育児を
学べる訳ではありません。

なぜなら、療育は、
児童発達支援事業であり、
保護者のための事業ではないからです。

 

育児に取り入れる療育

「療育」と聞くと
専門的なことだと思い込んで
家庭では何もできないと
考えがちですが、
実はそんなことはありません。

 

家庭でできる療育は
しっかりと存在します。

 

しかも、家庭でできる
「おうち療育」を取り入れた
ママさんのうち、
70%以上が療育をやめた、
あるいは
療育をやめたいと考えるように
なっています。

 

療育は低価格で受けられるものの、
通うための時間や労力、
それから将来的なことも考えると、
おうち療育をすることが
必要であると私は思っています。

 

家庭で何ができるのかを
ピンポイントで適切に
考えられるママさんの育児は
本当に素晴らしいのです。

 

まず、お子さんを叱ることは
グッと減りますし、
抱えすぎて溜め込んでいた悩みが
軽々とどこかへ飛んでいくような、
そんな感覚なのです。

 

療育、療育と世間では言いますが、
ママにとっては育児そのもの。

 

科学的に効果が証明された
療育法を適切に活用するだけで
お子さんの「できる」が
驚くほどグンと増えるのは間違いないです。

 

 

そんな魔法のようなおうち療育、
あなたも是非無料で学んでくださいね。

 

 

どうもありがとうございました。

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..